はじめまして山内和重と申します。

突然ですがあなたは「せどり」というビジネスをご存知でしょうか。

正しくは「競取り」というらしいのですが、
ネット事典「wikipedia(ウィキペリア)」にはこう書かれています。

"古本等を転売して利ざやを稼ぐ商行為"

これくらいの知識は今や誰もが持っていると思いますが
この「せどり」がインターネットの普及によって
手軽に参入できるサイドビジネスとして注目され始めました。

ヤフーオークションなどのオークションサイトや
アマゾンなどのショッピングモールの出現によって、
多くの人が商行為を目的として商品の仕入れや転売を行い、
この「せどり」というビジネスに参入し始めたわけです。

主にその対象となっていったのは本、CD、DVD、ゲームなど。

  



ただ"誰でも簡単に参入できる"という手軽さから、
このせどり市場はたとまち飽和状態に。

ネットオークション、ショッピングモール共に、
個人で転売を行う「せどらー」が溢れ、
仕入れにも販売にもそこに「競合」が生まれ始めました。

安く仕入れて高く売るという転売ビジネスの基本が崩れ、
安く仕入れ用にも相場が下がらず、
また、高く売ろうにもすぐに価格競争が起きてしまう。

そんな過酷な状況の中で多くの人が悪戦苦闘の日々を送り、
「稼げないせどり」に精を上げ続けているのです。

そして今、このせどり市場はこんな状況にまで陥っています。

「せどりの情報を売るのが一番稼げる。」

競合だらけの市場で無理に不毛な転売を繰り返すより、
そういう情報やノウハウを売るのが手っ取り早い。

そんな「せどりの情報屋」が次から次へと現れた、
今は更にその競合が過熱されている状況にあるわけです。

 

 

まさにこの市場で儲けているのは
その「情報」を売っているような人達だけ。

少なくとも私はそうだと思っています。

それだけ今の市場で本やCD、
DVDやゲームなどの転売で利益を上げていく事は
極めて困難としか言いようが無い事なのです。

そのように断言できるのは当の私が
これらのせどりビジネスで苦労を重ねてきたからであり、
その苦労や労力は本当に人一倍理解出来ていると思います。

まさに薄利多売で大量の本やCDを転売し、
在庫や損失のリスクを抱え続ける毎日。

利益が出たと思えば相場が下がり結局はトントン。

仕入れた商品を転売しなければ資金が無くなり、
時間と労力だけがただ費やされ続けるという状況。

積み上がっていくものは利益では無く「ストレス」でした。

そんな悪戦苦闘の日々の末路は完全な資金ショート。

遂に私は自分の私物を処分していく段階まで追い詰められました。

手元に残ったものは、売れ残った大量の本とCDの山。

 

 

こんなビジネスになんぞ手を出さなければ良かった…。

そう思いながらも生活費等を稼ぐ為、
自分の私物、家族の不用品などを売りに出し始めた私。

ただそこで思わぬ商品に"思わぬ値"がついたのでした。

 

  

それは新品定価6000円ほどで購入した商品で、
それなりに使い込んでいたUSED品(中古品)であった事から、
私はせいぜい2000〜3000円になればいいと思い、
軽い気持ちでオークションサイトに出品した商品でした。

するとその商品が何と8000円近い値段を付けたのです


これはさすがに私も我が目を疑いました。

利幅としてはたかだか2000円程度でしたが、
新品で購入した商品を使い古し、
その中古品が新品での購入代金以上になるなど、
普通であれば到底考えられない事ではないかと思います。

では何故、定価6000円ほどのUSED品に、
定価以上もの値段が付いてしまったのか。

答えは1つしかありません。

知らぬ間にその商品が「プレミアもの」になっていたのです。

私もこの手の商品にプレミアが付く事がある事は認識していました。

ただ自分が普通に購入した商品にその「プレミア」が付き、
新品購入時よりも高い値段で売れてしまったという体験から、
私の中からは新たにメラメラと"商売魂"が湧きあがってきたのです。

そこから私は自宅にあるその系統の商品を片っ端から集め、
プレミア価格やその相場状況などを調べ始めたのでした。

そこでその商品に関しては非常に特殊な
ある"相場傾向"が存在する事に気が付いたのです。

そこには"明らか"と言える「規則性」があったのでした。

 

  

例えばこれは私が実際にそのUSED品を
8000円近い金額で売った商品の落札相場なのですが、
ご覧の通りその価格はかなり大きく変動しています。

 

これは全て同一商品、中古品のみの価格相場なのですが、
極端に価格が下がっているものを除いては、
商品の状態などにもさほど大きな違いは無い
まさに完全な「同一商品のみの落札相場」なのです。

では何故、同じ状態の同じ商品にここまでの価格差が生じるのか。

オークションサイトの相場なんてそんなものでしょ?

最初は私もそう思いました。

しかし同系統の商品における価格相場を見ていくと
そこには明らかな規則性が見えてきたのです。

それは決してオークションサイト特有のものでは無く、
まさに"その商品特有の相場傾向"だったわけです。

それと同時に私は1つのある「答え」に行き着きました。

「この相場傾向を押さえていけば普通に稼げるんじゃないだろうか。」

安く仕入れて高く売るという転売ビジネスで稼ぐ為の法則。

私はこの商品の規則性を利用していけば、
その法則をいとも簡単に見つけ出せそうな気がしたのでした。

そしてそこから私の「快進撃」が始まったわけです。

 

  

その糸口を辿り私はその「黄金法則」を見つけ出し、
まさにありったけの資金を捨て身で投下し始めました。

仕入れるべきタイミングで商品を仕入れ、
売るべきタイミングで商品を売る。

実際に見つけ出した法則は見事にハマり、
私の手元にはみるみる「利益」が積もっていったのです。

まさに「転売」を成立させるごとに積もっていく現金収入。

3000円で仕入れたものが6000円になり、
5000円で仕入れたものが9000円になる。

本やCDなどのせどりをやっていた頃とは比べものにならない
大きな利益が次から次へと私の元へ舞い込んできました。

100円で仕入れた本を120〜130円、
1000円で仕入れたCDを1200円など、
せいぜい120%前後の利益率で
薄利多売の転売を行っていた頃とは打って変わり、
その利益率は悠に200%近いものになっていたのです。

まさにお金がお金を呼び寄せてくるという感覚で、
私は自らが見つけ出した「黄金の法則」を用いては、
次々と商品を仕入れ、また次々と転売を繰り返していきました。

安く仕入れて高く売る。

これをその法則に従ってとにかく徹底的に行っていったのです。

気が付くと私はその市場でほぼ一人勝ち状態。

むしろその商品の「中古品」を転売目的で扱っているのは
ほぼ私くらいものである事に気が付きました。

一人勝ちどころか一人きりの不戦勝(笑)。

その商品の「中古品」をあえて転売目的で買う人は少なく、
だからこそ、その「規則性」が生まれ、
私が見つけ出したような「法則」が成り立っていたのです。

 

  

USED品(中古品)を転売目的で扱っている、
業者や個人がほぼ皆無であるという特性。

そんな特性を持っているその商品とは何なのか。

それはズバリ・・・

「おもちゃ」です。

「おもちゃ?」

はい、あの「玩具(おもちゃ)」ですね。

つまり私は「おもちゃのせどり」で稼いでいるわけです。

ただ「おもちゃ」と言ってもその範囲は広く、
そのくくりに入るであろうものは非常に多くあります。

その中で私が実際に扱っているものは
テレビゲーム関係の商品以外のほぼ全ての商品になります。

何故テレビゲーム関係の商品は扱っていないのか。

それはおもちゃ類でこの商品のみが、
多くの業者や個人が「せどり」の対象にしているからです。

裏を返せばそれ以外の商品に関して言えば、
おもちゃのUSED品はほぼ手つかず状態になっています。

ゲーム以外の商品に関してはあえてそのUSED品を
転売目的で仕入れているような業者や個人は
ほどんどと言っていいほど存在しないに等しい状況にあるのです。

 

   

"そんな玩具のせどりで本当に稼げるの?"

そう思ったあなた。

そんなあなたのそんな発想こそが、
まさにそのせどり市場を「盲点」にしています。

「おもちゃのせどりなんて聞いた事が無い。」

「おもちゃのせどりなんて稼げる気がしない。」

多くの人がそう考えるからこそ、
玩具のせどり市場は「盲点」であり続け、
私はまさにその「盲点」を突いて稼いでいるわけです。

では何故その「盲点」である事が利益に繋がるのか。

その理由として一番に挙げられるのは、
やはり競合の少なさが市場傾向を左右している点だと思います。

例えば国内最大のオークションサイトであるヤフーオークション。
https://auctions.yahoo.co.jp/

おもちゃ全般においてもその商品数は
他のオークションサイトと比較して最も豊富ですが
ここの出品されている「中古品」はやはりその大半が、
ごく一般の人が売りに出しているものばかりの傾向にあります。

つまり業者等がおもちゃの中古品を
複数出品しているようなケースはほとんど無いわけです。

そしてそこで入札等を行っている人も
その大半が純粋にそのおもちゃを欲しがっている「個人」のみ。

ヤフオクでおもちゃの中古品を仕入れているような業者は
どう見ても皆無と言っていい状況にあります。

つまりヤフーオークション1つを見ても、
あえて玩具の中古品を転売目的で扱っている業者や個人は
ほとんど見当たらない状況にあるわけです。

 

   

対して国内最大のショッピングモールアマゾン。
https://www.amazon.co.jp/

ここでも玩具関係の取り扱いはございますが、
やはりその大半は新品の商品です

USED品(中古品)の取り扱いはほとんどありません。

その中でも稀にあるのは、
僅かに玩具の中古品を扱う業者くらいのもの。

個人で玩具の中古品を売っているような人は、
アマゾンの方ではほとんどいません。

つまりヤフーオークションでは個人間の売買が多く、
アマゾンでは業者の一方的な販売が多く見られるわけです。

ヤフーオークションで玩具を売る人は
大抵がそのおもちゃが不要になった人や
コレクションしていたものを手放そうと決めた人達であり、
個人的に「アマゾンで売る」という人は滅多にいません。

勿論、CDやゲームなども一般の人であれば
ヤフーオークションなどで売るというのが一般的ですが
今やこの市場には常に「個人せどらー」が存在する状況です。

転売目的でヤフーで仕入れを行っている人が多い為、
どうしても価格は一定水準まで高騰してしまうのです。

そんな「個人せどらー」が常に相場を底上げしている為、
仕入れる際は競合し、また売る際も価格競争が起きてしまいます。

これがCDやゲーム等のせどりが稼げなくなっている理由であり、
かなりの目利きが出来る人やセンスがある人で無い限り
CDやゲームなどの飽和した今の市場で稼ぐ事は到底出来ません。

対して私が転売を行っている「おもちゃ」の市場は
個人せどらーというものがほぼ存在しない為、
ヤフオクなどで商品を売買しているのは、ほぼ一般の人達です。

言わば普通にその商品を売りたいと思った人と
普通にその商品を「欲しい」と思った人達が
ごく普通に商品の競り合いや取引をしているというだけ。

せどり目的でおもちゃを仕入れている個人はほとんどいません。

そもそも玩具に関しては
あえて中古品を扱っているような業者自体が稀であり、
大抵のおもちゃ業者は新品の商品を扱う卸業者や小売店です。

故にアマゾンの中古おもちゃ市場は
ごく一部の業者のみがその市場と価格を牛耳っている状況にある為、
価格の一定水準が保たれているわけです。

 

 

簡単にCDやゲームなどのヤフオク市場、アマゾン市場と
ゲーム以外のおもちゃ市場を比較したものが下記になります。

 

 

つまりこれらの特性のみを踏まえても玩具のせどりは
下記のような図式でそこそこの利益を見込める事が分かります。

 

 

ただアマゾンで玩具の中古品を買い求める人は
現状ではそう多くはいない為、
この方法ではそこまで多くの利益は得られません。

なかなか商品が回転しないからです。

とは言え「仕入れ」という部分においては、
ヤフーオークションの方では転売目的で
商品を競り合っていくようなライバルはほぼ皆無です。

仮に競り合う事があってもそれは純粋に
その商品を欲しがっている一般の消費者のみ。

つまり仕入れと転売のタイミングを見計らえば、
ヤフーで仕入れてヤフーで売るというやり方でも、
普通に利幅を取れてしまうわけです。

それがいかに"現実的に可能な事"なのか、
私が実際に転売してきた商品も含めて、
その相場変動に伴う利幅をご覧頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらは各商品ジャンルごとのごく一例ですが、
この手の商品にはこんな価格差がある商品が山ほどあります。

ここに記載した事例は全て、安い商品に欠品があるとか
とくに状態に難があるという事はほとんどありません。

ほぼ同じコンディションの同じ商品に、
ここまでの価格差が生じているわけです。

勿論これはオークションサイトの特性による部分もありますが
それでもここまでの価格差はCDやゲームなどの、
競合が多い商品ではまずありえません。

まさに純粋に商品を「売ろう」としている人と、
純粋に商品を「買おう」としている人。

それぞれのタイミング1つでここまでの価格差が生じているのです。

ただ何度かお伝えしてきたこの相場にはある「規則性」があり、
ある「法則」に沿って仕入れと販売を行っていけば、
まさしく"意図的に"それぞれの商品を安く仕入れ、
そのままその商品をまた高く転売していく事が出来ます。

そしてそのままその"差額"を「利益」にしていく事が出来るわけです。

まさに「おもちゃ」というせどり市場にしか存在しない、
大きな利益を意図的に生み出せるせどりの黄金法則。

実際に私はこの法則を利用して、
30万円ほどの資金からその分の在庫を回転させ、
月に20万円ほどの収入をコンスタンスに稼ぎ続けているのです。

 

   

ここで年商1億、月収100万というような
夢が広がる数字をお伝えできないのは、
他でもなく私の怠慢によるものとしか言えません。

ただ私も一度は資金が底を突いた状態から
手元にある不用品を処分した上で
ようやくこのノウハウで再スタートを切っているのです。

その状況からコツコツと資金を貯め、
ようやくその回転資金を30万円ほどに出来た段階。

それがまさに今だという事です。

ただこれまでの私の実績と現状の私の実績から
このせどりノウハウは資金に対して、
1カ月あたり160%〜170%ほど、
それくらいのリターンはわりと楽に生み出せます。

10万円の資金とその在庫を回転させ、
月に6〜7万ほどは普通に稼ぎ出せるという事です。

勿論これはあくまでも「目安」ですので、
1カ月間の売買で全ての在庫を
完全に現金化できるわけではありません。

この利率で資金を複利回転させるなど、
そういう事はそうそう出来る事ではないわけです。

それでも資金に対しての在庫の回転で
1カ月あたりの収入はその160〜170%ほど。

これは十分に現実的な数字として
維持できる収入ラインと考えて頂いて問題ありません。

 

 

先ほどの事例を多数ご覧頂いた通り、
この玩具せどりの転売による利益率は非常に大きく、
一回の転売で仕入れ額の3倍、4倍、
それ以上の利益率を得ていく事が出来ます。

たった一度の転売で数千円、数万円という
大きな利益を得られる事がザラにあるわけです。

その反面、商品によっては若干回転率が悪く、
仕入れた商品の現金化までに
1カ月以上の時間を要する場合もありますが
実はその回転率さえもこのせどり法則では
ある程度は意図的に調整していく事が出来ます。

勿論それはこの手の商品の専門的な知識や
それを駆使した「目利き」によるものでは無く、
そこにさえある決められた「法則」があるわけです。

少なくともこのせどりノウハウでは、
近所のリサイクルショップやコレクターショップ等を巡って
直に商品を手に取って仕入れていくような事はしません。

仕入れはほぼ全て「ヤフーオークション」から行います。

言わば仕入れ時はその商品の「底値」を取り、
販売時はその商品の「高値」を狙っていくわけです。

「そんな都合のいい売買をそう何度も行っていけるのか。」

本やCDなどのせどりを行っているような人は
普通にそう考えてしまうと思いますが
それを意図的に行えてしまうのが
おもちゃのUSED品を狙ったこの「玩具せどり」なんです。

そんな「おもちゃのUSED品相場」には"規則性"があり、
その規則性にはそれを意図的に操れる"法則"がある。

言わばその商品の底値を狙うべくして狙い、
またその高値を付けるべくして付けていく事で、
転売ごとに大きな利益を着々と積み上げていけるわけです。

 

    

よってこの「玩具せどり」は、
ヤフーオークションを中心とした仕入れ。
そしてその転売も同じくヤフーオークションとアマゾンを利用していきます。

いずれにしてもこのせどりノウハウは、
仕入れ等で一切外出するような必要は無く、
仕入れも転売も全て在宅状態で行う事が可能です。

完全在宅、ネットのみでも、完結できるせどりノウハウ。

それがこの「玩具せどり」の大きなポイントです。

またその仕入れを行っていく際も、
その規則性と法則に従っていくのみとなりますので
商品に対する知識や目利きなども全く必要ありません。

プラモデル、フィギア、ミニカーなどなど、
多種多様な商品がある玩具市場では、
常にいずれかがその規則性に沿って「底値」を付け、
またそのいずれかが同様の規則性で「高値」を付けています。

つまりこのせどりノウハウで主に追いかけていくのは
それらを示す「相場」のみという事です。

欠品があるなどの情報は最低限抑える必要がありますが
基本的に商品1つ1つの知識や目利きなどは必要ありません。

そのような知識や目利きなどは一切出来なくても
玩具のせどり市場ではその規則性と法則を抑えていけば
しっかりと利益を上げていく事ができるわけです。

 

 

では具体的にどうその規則性を見極め、
その法則に沿って仕入れと転売を行っていくのか。

いざ行っていくべき事は下記のような流れになっています。

 

 

この「玩具せどり」では複数の仕入れ先がありますが、
主には、ヤフーオークションを主な仕入れ先として、
商品の転売はヤフーオークションとアマゾンを平行していきます。

ただアマゾンへの転売とヤフーオークションでの転売の使い分けは、
一定のルールに則って使い分けしていきます。

アマゾンの玩具市場もどんどん活性化していますので必ずアカウントも取得して下さい。

また、商品を仕入れる際の規則性を見極める上で、
オークションサイトの過去の落札相場をリサーチ出来る
オークファンというサイトの利用も任意として紹介していますので
余裕があれば活用して下さい。
もちろんオークファン無しでも実践できます。

ヤフーオークションの出品アカウントの利用には月額462円。(2017年現在)
オークファンのアカウントには月額980円前後の利用料がかかります。(2017年現在)

このせどりノウハウを実践する際、
仕入れ以外で最低限必要になる継続費用は、
yahooオークションのアカウントの利用料のみです。

これらのアカウントはすぐにでもご用意頂けますので、
早速、商品のリサーチと仕入れを行っていきます。

 

 

リサーチからヤフーオークションでの仕入れまでの作業は、
この5つのステップが基本になります。

そしてこの段階の「1〜3のステップ」こそが
私の玩具せどりで最も「重要なポイント」であり、
且つ情報として「最も価値のあるポイント」になります。

マニュアルの方もこの部分には最も力を入れ、
その規則性や法則などの解説と共に
そのポイントを具体的な事例付きで詳しく解説しています。

ただ実際のステップは非常にシンプルなものですので、
そのポイントさえ理解すれば1つあたりの商品のリサーチは
5分から10分ほどで行っていけるはずです。

ご自身の資金面等を考慮してリサーチを繰り返し、
仕入れが出来る範囲でどんどん入札を行っていってください。

中にはヤフーオークションに商品が出ていないものもありますが
そういうものは「アラート機能」を利用しておく事で、
今後、出品が出てきた際にすぐにその商品をチェックできます。

手馴れていくと「1→2→3」の手順を逆算して
3→1→2」の手順でもリサーチが可能になりますので、
これが出来るようになるとリサーチはかなり早くなります。

ただ最初は「1→2→3」の手順を踏む方が
無駄なく「利益を出せる商品」を見つけ出せますので
ある程度なれるまではこの手順でリサーチを行ってください。

慣れていくとヤフーに出品されている商品で
「利益を見込めそうな商品」が何となくわかってきます。

その段階になれば「3→1→2」の手順でリサーチをしても構いません。

いずれにしても3〜4点の商品をリサーチすれば
1つ以上は入札の対象になる商品が出てきます。

計3つくらいの商品に入札をすれば、
1つ以上はその金額内で仕入れが出来る場合がほとんどです。

つまり1時間で2〜3点の商品は仕入れられますので
あとはリサーチの手順に慣れて頂ければ、
より効率的に商品の仕入れを行えるようになるはずです。

またその対象商品が"どれくらいの期間を目安に売れるか"という、
その商品の回転率もこのリサーチ段階で調べる事が出来ます。

出来る限り仕入れた商品を早く転売していきたい場合は
意図的に「回転率の高い商品」を仕入れていけば、
早い段階で利益を手にしていく事も出来るという事です。

そして実際におもちゃを仕入れたなら、
その商品を早速ヤフーオークションに出品していきます。

 

 

商品の出品は、Amazonとヤフーオークションを利用します。

価格設定などは先立つリサーチ段階で、
その商品を最も高く売れる値段を控えておき、
その価格でそのまま出品していきます。

勿論、オークションサイトのオプション等を利用した
他の出品方法も幾つかはありますが、
最もスタンダードな出品方法は
開始価格をリサーチ上の「最高値」に設定するか、
同様に価格設定で「即決」や「値下げ交渉」を付ける形です。

経験上、これが最も無駄な費用がかからず、
最も高い確率で売りたい値段で売っていく事が出来ます。

あとは実際に売れた商品に対する取引を行い、
お客様の住所に商品を配送していくというのが転売の流れです。

アカウント登録 → リサーチ・仕入れ → 出品・取引

玩具せどりとは言え、この基本的な流れは、
一般的なCDや本などのせどりと何ら変わりは無いという事です。

 

 

では、このせどりノウハウのポイントをまとめてみます。

 

 

いかがでしょうか。

これらのポイントをザッと確認頂くだけでも、
この玩具せどりが本やCDなどのせどりと比較して、
いかにメリットの多いものであるか、ご理解頂けるかと思います。

逆にこの玩具せどりのデメリットを挙げるとすれば、

・本のせどりほど仕入れ単価の安い商品はさすがに少ない。
・仕入れた商品の在庫に場所を取ってしまう。
・仕入れの際も販売の際も若干送料が割高になる。

と、この3つくらいではないでしょうか。

ただこれら3つのデメリット全てを考慮しても
この「玩具せどり」にはそれ以上のメリットが揃っています。

"転売目的の同業者がほぼ皆無である事"

この一点のみでも「せどり」というビジネスでは、
仕入れ時、販売時、どちらの方向においても、
極めて大きなメリットが必然的に出揃ってしまうわけです。

そして今回はその「ノウハウ」と「法則」の全てを公開し、
共にこの玩具せどりの市場を盛り上げてくれる、
言わば「仲間」を集めようと考えたのでした。

 

  

「何故こんなおいしい情報をこんな形で公開するのか。」

ほぼ競合が無いという点が大きなメリットとなっている以上、
あえてこのようなノウハウを公開する理由など、
普通に考えて思い当たらないのではないかと思います。

更に言えばこうして「玩具のせどりが稼げる」と、
こうして私が稼いでいる事実を公開している事自体、
私にとって既にデメリットしかないのではないか。

あなたはそうとさえ考えているかもしれません。

ただ仮にこの手紙を読んだ多くの人が
"玩具のせどりは稼げる"という事に気が付いたとしても、
その気付きだけではまず稼ぐ事は出来ないと思います。

少なくとも私が何度とお伝えしてきた「規則性」を知り、
その規則性に沿った商品の仕入れと転売の法則がわからない限り、
この市場で稼ぐべくして稼ぐ事はまず出来ないからです。

むしろ付け焼刃の知識で玩具のせどりを始めたとしても、
無駄にお金を落として私やこの情報を購入し、
その法則を知った人達を稼がせて終わってしまう事になるはずです。

つまり私がこのような形でこのノウハウを公開しているのは
その「規則性」や「法則」を簡単には見つけられない、
そのほぼ絶対的な確信があるからなんです。

その上で私が「ノウハウの全て」を公開しようとしているのは
それ以上にUSED品の玩具市場のポテンシャルが大きいからであり、
私一人がどんなにその資金力を増やしていったとしても、
その市場を自身の資金だけでカバーする事は到底不可能だから
です。

仮に私が現状の自己資金を300万、3000万円に増やせても
この市場にはまだそれ以上のポテンシャルが存在します。

"それならいっその事、このノウハウをシェアしよう"

私はそう考えたのでした。

 

 

矢野経済研究所が発表した玩具市場の調査結果によると、
2012年度の国内玩具市場規模は7096億円。

その中でテレビゲーム等を除いた国内玩具市場における、
市場規模は3000億円市場と言われています。

勿論これは新品商品の流通における市場規模ですので、
ここにはUSED品(中古品)の市場は一切含まれていません。

ただ1つだけ言える事は新品商品の流通が
3000億円規模に上っているという事実のみを考慮しても、
USED品のせどり市場は極めて膨大な市場と言えます。

少なくとも私などはそこで30万円ぽっちの資金を用いて
チマチマと転売を行っている程度に過ぎません。

その資金を今後、幾ら増やしていったところで、
その市場をフルにカバーする事など出来るはずが無いわけです。

つまりその市場規模とありとあらゆる商品ジャンルを考えれば
ここに数百名規模の参入者を加えていったところで、
私自身の利益を脅かすような要素はほぼ皆無だと思います。

現に私が全く手を出せていないような商品は、
あらゆるジャンルの玩具に数限りなくある状態です。

とは言え、その「規則性」「法則」を知った上で
私と同じ事をする人が異常なほど増え過ぎていく事は
今後の私自身の収入を脅かす事にも繋がり兼ねません。

そこでこのノウハウはひとまずは50名限定として、
数量を定めた上での限定公開とさせて頂きたいと思います。

 

 

ではその規則性とそれに伴う法則。

その全てのノウハウを公開したマニュアルの方ですが、
その中身としてはこのようなものになりました。

 

 

これらの全てを詰め込んだ玩具せどりマニュアル。

その公開価格は下記の通りとさせて頂きました。

 

特別価格:16800円
※販売価格は特別価格になっています。(価格は予告なく変更になる場合があります。)

 


現時点の提供価格は19800円。

数万円の資金さえご用意頂ければ、
一商品の転売のみでも回収できる可能性がある、
情報としては極めて現実的な価格設定となっています。

ただ、こちらはあくまでも現時点での特別価格ですので、
公開状況等を考慮して価格を変更させて頂く事がございます。

その点は何卒ご理解頂ければと思います。

 

 

また先ほどお伝えした本編とは別に、
こちらのマニュアルには下記のような
3つのスペシャル特典をご用意させて頂きました。

 

マニュアルご購入日より60日間は、
玩具せどり及びマニュアルに関係する事でしたら、
何にでも迅速にお答えするメールサポートをお約束致します。

・メールサポート連絡先:info@sedori1.info
・対象期間:マニュアル購入日より60日間
・対応時間:土日・祝日を除く平日10〜18時
・平日のお問い合わせは原則24時間以内に回答致します。

 

当玩具せどりマニュアル購入者限定で発行させて頂く、
私、山内の公式メールマガジンになります。

玩具せどりに関係するお得情報など、最新の情報が入った時には、
メールマガジン形式で随時発信させて頂きます。

ご購入者限定、不定期発行となりますが、
ここでしか手に入らない情報を、
出し惜しむ事なく提供していきますので、
是非、あなたのせどり生活に役立てていってください。
※メールマガジンの受信はいつでも任意で解除できます。

 

玩具せどりのノウハウは日々進化し続けます。

市場のニーズ等に合わせ、最新版のマニュアルをお届け致したいと思います。

(バージョンアップ版お届け方法)

バージョンアップ版のお届けにつきましては
購入者限定のメールマガジンを介して行っております。

 

※上記マニュアル付属限定特典は予告なく提供を終了する場合があります。

 

 

せどり初心者でも実践出来ますか。

当マニュアルの方でヤフーオークションやアマゾン、各サイトの利用アカウントの
取得方法から利用手順まで、各それぞれの作業手順等を全て図解で解説していますので、せどり初心者の方でも問題なくお取り組み頂けます。
それぞれのサイトの利用経験が無い方や本やCD等のせどりも経験された事の
無い方でもしっかりと実践して頂ける内容になっているはずです。

どういう玩具を扱っていくノウハウですか。

テレビゲーム等の競合の多い商品は扱いませんがそれ以外の玩具であれば全般的に
扱っていきます。特に玩具のジャンルを特定したノウハウではありません。

おもちゃの商品知識等が全くありませんが、それでも稼げますか。

当ノウハウではとくにおもちゃの商品知識などは必要ありません。

現に私もほとんど知識の無い状態で仕入れと販売を行っています。
いざオークション等に出品する際の商品情報なども、おもちゃのオフィシャルサイトや
アマゾン等の説明情報からそのまま必要な情報のみを掲載するレベルでも何ら問題
ありません。
注意が必要な点があるとすれば、最低限、欠品などがある商品を仕入れない事
くらいです。

商品の仕入れ費用以外の必要経費はありますか。

ヤフーオークションの出品に必要となるヤフーのプレミアム会員登録料だけです。
オークファンのプレミアムアカウントは任意ですので、
利用に必要となる有料会員登録の462円(2017年現在)が利用料として必要になります。

仕入れ金額には最低いくら必要ですか?

商品の仕入れは一点からでも行えますので、数千円で仕入れられる商品も
たくさんあります。
よって資金としては1万円以下からでもスタートできます。

完全在宅で取り組めますか?

当ノウハウは原則としてネット上の売買で完結出来ます。仕入れ、販売、
共にヤフーオークションをメインに、併せてアマゾンを並行して利用していく
程度ですので、とくに外出しての仕入れや販売を行う必要はありません。
ただ玩具の仕入れはリサイクルショップなどでも出来ますので仕入れの窓口を
広げる事で更に大きな収入を得る事も可能です。

ホームページやブログなどは必要ですか?

ホームページやブログなどは一切必要ありません。商品の仕入れや販売は全て
ヤフオクやアマゾンを利用します。

競合によって商品の仕入れが出来なくなる事はありませんか。

この手紙でもお伝えしたように玩具の市場規模はゲーム類を除いても、
3000億円以上と言われています。フィギア、ミニカー、プラモデルなどなど、
その商品のジャンルも多種多様にあり、 それら全ての商品が競合によって、
仕入れが出来なくなるような事は考えられません。

商品のリサーチは簡単ですか。

簡単と思うかどうかは人それぞれかと思いますが手順が明確に決まっていますので、
基本的にはその手順に沿って頂ければそれで問題ありません。ネット上で完結する幾つかのポイントをチェックして頂き、条件に見合う商品があればヤフーオーク
ションにその商品が出品されているかどうかを調べて頂く。基本的にはこれだけの
ステップとなりますので1つ1つの商品のリサーチは5分10分で終えられるはずです。

仕入れの対象となる利益を見込める商品が見つからない事はありませんか。

これは実際にやってもらえば分かりますがこのノウハウはゲーム以外の玩具類、
その全てを対象に出来るノウハウとなっていますので、仕入れ対象となる商品は
その全てのジャンルに数多く存在します。
ある特定のジャンルにリサーチを絞り込んでいったり、そのリサーチ作業そのものに
慣れ、実際に経験を積んでいけばヤフーオークションをざっと見まわしていくだけでも、利益を見込めそうな商品は幾らでも見つけられます。
私自身、もっと資金があればとよく思うほど、利益を見込めそうな商品は探せば
探すだけ幾らでも出てきます。

仕入れた商品が値崩れして赤字になる事はありませんか。

玩具のUSED品はもともとそこまで多くの数が出回っているわけでは無く、
また一時的に需要が高まるような商品は滅多にありません。
同様に急な値崩れなども起こる要素が無い為、商品の価格は基本的には
一定の水準を保っています。
一時期の「たまごっち」など、下手に流行しているような商品に手を出さない限り、
値崩れによって大きな損をするという事はまずありません。またこのノウハウでは
その法則上、そのような一時的な流行の玩具などにはまず手を出してしまう事は
無いようになっています。

仕入れた商品が全く売れないという事はありませんか。

これも私が提唱している「仕入れ法則」の特性上、そこまで回転率の低い商品を
仕入れてしまう事はありません。よって仕入れていった商品が売れないまま大量の
商品が手元に残ってしまうような事もまずありません。
また仕入れを行う際はその商品がどれくれいの頻度で売れているのかもきちんと
事前にチェックしていく事が出来ます。

どれくらい儲けられますか。

仕入れ額に対しての利益率は2倍から3〜4倍以上と、非常に高い利益を出せるのが
玩具せどりの特徴です。ただ利益率が高い商品ほど、仕入れてすぐに売れるとは
限らない為、イメージとしては30万円ほどの資金があれば、それを元手に
20万円ほどの「利益」は十分に見込めます。
資金が10万円ほどであれば6〜7万円ほど、20万円ほどであれば
15万円弱ほどが目安です。逆に資金が多くなればその分だけ在庫の数やリサーチや
配送等にかける時間が多くなりますがその労力等を同じくらいの比率で費やせるなら
資金を増やしていった分だけ多くの収入を見込めます。あとはどれだけの商品を
仕入れて売るか。 それ次第です。

特別価格:16800円

 

※販売価格は特別価格になっています。(価格は予告なく変更になる場合があります。)

 

 

最後までお読みいただいて、本当にありがとうございました。

私自身、せどりというビジネスを始め、
転売の世界に身を起きてもう数年の月日が経過していますが
そんな私が見出したせどりの神髄。

"いかに人と違う行動を取れるか"

この一点に尽きるのではないかと思います。

どんなビジネスにも競合はつきものですが、
やはり人と同じ商品を同じように仕入れ、
同じように転売できる「せどり」というビジネスでは、
どこかで他人との差別化が必要不可欠になります。

多くの人と同じ商品を仕入れ、
多くの人と同じ商品を転売していっても、
当然の事ながら稼げるはずがありません。

そこで私が行き着いた答えが
個人、業者の競合がほぼ無いに等しい
「玩具」の中古品に特化したせどりだったわけです。

ここでお伝えしたメリットだけでも、
この玩具せどりの魅力は
本やCD等のせどりにはないものばかりだと思います。

 

 

これらのメリットは1つ1つはまさに、
この「玩具せどり」ならではのものばかりです。

今あえて本やCDのせどりをやっている人が
いかにあえて困難な道を選んでいる事か。

もしあなたがそんな競合だらけの市場で
日々、もがき苦しんでいるなら、
これを機会にそのせどりライフを一変させてみてください。

マイペースに、気軽に、手軽に稼げるせどりライフ。

今日という日をそのスタートラインにして頂ければと思います。

是非、一緒にこの玩具せどり市場を盛り上げていきましょう!

 

特別価格:16800円

 

※販売価格は特別価格になっています。(価格は予告なく変更になる場合があります。)

 

特定商取引法に基づく表示